見せ筋 使えない筋肉

先日、顧客の上場企業さんのゴルフコンペに参加しました。
組み合わせの都合で、3人で回りました。
スムーズで快適に回れたのですが、同伴者の大先輩の方が、私の体を見て
「なんかやってたの?」
と聞いてきました。
今も、空手とクライミングをやっていると話したら、
「良い体だから、ボディビルでもやってるかと思った。」
と言っていただけました。
私程度の細い体で、ボディビルダーなどあり得ないのですが、そう言っていただき、少し嬉しかったです。
ただ、その後にその方は
「ボディビルとか、見せ筋じゃないんだ。だから、ドライバーも飛ぶんだね、ウエイトトレーニングばかりしてると、使えない筋肉になるんだよなぁ」
などとおっしゃいました。
大先輩ですから、そのまま話は合わせましたが、やはりこういう考え方は浸透してしまっているんだなと思いました。
筋肉をつけると遅くなると言われますが。実は早くなります。
足の速い筋肉の少ない人と、足の遅い筋肉が多い人を比べて、筋肉をつけたら遅くなったと言っているに過ぎません。
そもそも足の速さなどは、骨に対する筋肉のつく位置や、速筋の割合などで、先天的要素が大きいです。
比較するなら、同じ人間で筋肉があるときとないときで比べないと意味がないと思います。
東大教授の石井直方氏も、筋肉の断面積の大きさでスピードは決まるとおっしゃっています。
そして、ウエイトトレーニングでつけた筋肉は使えないと言われるのですが、ボディビルには使える筋肉ですし、重いモノを持ち上げる能力は、見た目の筋肉に応じた怪力のはずです。
野球をやっている人にサッカーをやらせて、出来ないからといって、使えない体だな、とは言わないと思います。
ボディビル競技に通用する為に筋肉をつけている人に、スポーツが出来ないからと言って、使えない筋肉と言う意味がよくわかりません。
貴方は、何か継続的に努力しているのですか?と、聞いてみたいです。
継続的に、真剣にウエイトトレーニングに打ち込んでいる人に、使えない筋肉とか、根拠のないことを言うのは、とても悲しいです。
ボディビルを意味がないとか、気持ち悪いという人も、なんでそんなことを言うのだろうと思ってしまいます。
そもそも趣味なんて、意味などないものだと思います。
山登って何になる? 泳げてなに? 野球が出来ても意味がない、こんなことを言っていては、自分の器が小さいのをアピールしていることにならないのでしょうか?
私は方向性が違いますが、ボディビルダーの方の筋肥大にかける情熱には、ただただ尊敬の念です。
片腕で懸垂が出来るようにするために、絞り続けている私は、そのうち45kgのダンベルプレスも出来なくなると思います。
でも、自分が決めた目標に向けて、がんばり続けたいです。
現在83kgです。今月末には70kg台に突入しています。
そして、7月終わりには75kg程度にしていたいです。
その時点で、片腕懸垂が出来ていることを祈ります。
あきらめたら、そこで試合終了ですからね。

  1. こんにちは。肩の脱臼から7ヶ月余りが
    経過して、先月は半年振りにクライミングを
    してみました。もちろん初級課題のみを
    休憩を挟んで、2時間ほどやってみましたが
    チャレンジ出来たのは、6回のみでした。
    また、足を乗せても良いのかどんなに踏ん張っても
    滑り落ちてしまうのかと言った、ホールドの見分けにも
    全く自信が持てなかったり、2mの高さに登って
    物凄い恐怖心があったりと、筋力はある程度
    戻っていても、クライミングの感覚は初期化
    されていました。
    現在のトレーニングは、専ら自重での懸垂や
    プッシュアップ等の、基礎的な筋力トレーニングに
    加えて、走り込みやしゃがみジャンプ、そして
    チューブを使った、肩のインナーマッスルの
    トレーニングに終始しています。

  2. 昨日,似たような話題をジムでしていました.
    結局,自己満足の世界ですよね.取り組んできたことを多くの人達に認めてもらえる人ってほんのわずかです.しかし,インパクトは小さいながらも,自身の努力を定量的に評価するために,コンテストなどを目指しているわけですね.
    それにしても,身長がたしか175cmくらいでしたっけ?83kgなら細いとはいえないと思います.ボディビルダーに間違えられても遜色はないと思いますよ.いつも思いますが,謙遜しすぎですね(笑

  3. 時には強気で、時には謙遜して
    いつも納得(共感)できることを
    書かれていますので読むのが大好きなんです。

  4. クライミングは、足の使い方がわかってくると、飛躍的に面白くなります。
    キョンで検索して下さい。クライミングの足のテクニックです。
    けがに気をつけて、じっくりとやって下さいね。

  5. @がりがり親父さん
    コメントありがとうございます!
    本当に、謙遜でも何でもなく、自分の体に自信が持てないんですよね。
    家内にも病気と言われます(笑)
    鍛えれば鍛えるほど数値的には上がっていても、ダメだと思ってしまいます。
    他の趣味ではそんなことないんですけど、筋トレだけは別です。
    しかし、その劣等感がモチベーションを支えています!

  6. @KHさん
    ありがとうございます!
    本当に、思ったことを書いてしまうので、失敗も多いですが、今後ともよろしくお願いします。
    謙遜は、してるつもりはないです。劣等感の塊ですから(笑)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>