筋トレにおけるフォームとチーティング 55kgバーベルカール 

YouTube:ティーティングカール55kg

筋トレにおいて、フォームは大切です。

重すぎる重量を使って、フォームが崩れることがよくあります。

重すぎる重量を使うのは、多分に見栄がありますが、トレーニングテクニックとしてやる場合もあります。

重い重量で、とにかく反動を使ってでも上げて、下ろすことを重視してやる(ネガティブ重視)方法です。

この動画は、55kgでバーベルカールをチーティング(反動付き)でやっています。

フォームはひどいですが、刺激はしっかりきましたので、目的は達成です。

たまには軽い重さでハイレップ(回数沢山)でやるとか、重い重量でチーティングでやるなど、違った刺激を与えることはマンネリ打破と筋肥大に効果が高いです。

筋トレは初めてからある程度期間が過ぎ、それなりに効果が出てくると、基本以外のやり方を意味がないとか、間違ってるとか決めつけがちです。

自分のやっているメニューが、一番正しいと盲信しがちです。

あらゆる方法を試して、トレーニングメニューに常に変化を与えることは、絶対に必要です。

3年以上ジムに通っていると、失礼な言い方になりますが、まったく体に変化がない方も多く見受けられます。

たいていの方が、同じメニューで変化をつけることをしていないようです。

ただ、体に変化がないと言うことは、現状維持は出来ていると言うことなので、それはそれで素晴らしいと思います。

何より、続いていると言うことがいいと思います。


  1. そんな変なフォームじゃ意味ないですよ。ストリクトでググってみて下さい。

  2. 出来れば、本文も読んで下さい。チーティングについて書きましたので。ただ、それにしてもちょっとひどいフォームですね。もっと気をつけます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>