握力強化 

質問をいただきましたので、握力のことについて書きます。

筋力トレーニングの中でも、握力強化をするものは人気があります。
しかし、握力強化のトレーニングは、非常に特殊です。

一般的な筋力トレーニングの原則とはちょっと異なる気がします。
単純に握力を強化するのであれば、いわゆるグリッパーが一番だと思います。

カールなどで手首を鍛えても、握力は強くなりません。
また、握力は筋繊維の骨格への付き方で変わるので、細くても強い人もいれば、マッチョでも弱い人もいます。
私も一時はまり、coc(キャプテンズオブクラッシュ)をいくつも持っていました。
0.5・1・1.5・2・2.5と、5本持っていて、2はクリアして2.5はあきらめてしまいました。
2ができた時点で、握力70kgオーバーということでした。
実際に、油圧式のもので75kgでしたので、一般的には十分強くなりました。
ちなみにリンゴもつぶせました。
テレビなどのように、ぐしゃっと一気にはいきませんでいしたが、もぎるというか、一応時間はかかりますが潰せました。

この記事を書いていて、何となくやってみたら、1.5があと少しのところまでしか行きませんでした・・・
推定で65kg程度?だと思います。
握力トレーニングは、やめてしまうと一気に落ちるようです。
私はまだロープ握りやロープ登り、クライミングをやっているので、落ちていない方だと思います。

握力をグリッパーで伸ばすときにはこつがあります。

弱いのを何度も握るよりも、1回も閉じられないくらいのものを、両手で閉じて、片方の手を離して開くのをなるべく残りの片手で押さえ込むというのを、インターバル長めで何度もやる方が良いです。

これは、握力強化には効果てきめんです。


  1. はじめまして!初コメントです!
    ブログ主さんの懸垂台すばらしいですね!
    懸垂台を制作しようと思っているのですが
    アドバイスをもらえないでしょうか?
    自分も上部の斜めのバーと、直交バーをつけたいのですが何センチのものを使ってどのように固定していますか?
    また懸垂台の下の床にはマットなどの防音や傷の対策などはどうしていますか?
    詳しく掲載していただけませんでしょうか、お願いします。

  2. コメントありがとうございます!
    今、WEBサイトを作っていますので、その中で懸垂台は紹介する予定です。
    斜めと直行のバーは、1mを半分にカットして使っていますので50cmです。
    そして、直行クランプの固定式のもので固定しています。ただ固定しただけでは動くので、2液式の接着剤で補強固定しています。
    下は、特に何も引いていません。耐震ゴムの、薄いものを引くといいと思います。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>