握力強化 ロープつかみ ロープ懸垂

握力の強化と言うよりは、握り続ける力(把持力)を強化するトレーニングです。

握力強化で、グリッパーにはまった時期もありましたが、最近はこの握り続ける力の方を重視しています。

理由は、クライミングとストラップ無しのトレーニングのためです。

動画の最初のは、普通のロープにぶら下がるだけです。

絵が寂しいと思ったので、ついつい懸垂しています。

2つめのは、イサミ(トレーニング用品などのメーカー)のクライミングロープにぶら下がっています。

このロープは、空手などの帯のような形状でなおかつそれよりも薄手です。

それによって非常に難易度が高く、ぶら下がるだけでも厳しいくらいです。

これで上り下りが出来れば、相当凄いと思います。

3つめは、ロープ懸垂です。

ついでに背中も鍛えてしまおうという感じですが、握力が先に尽きるので、背中には負荷があまりかけられません。

これはどちらかというと、格闘技(組み技あり)をやってる人向けです。

引き込む力を実践的に鍛えられると思います。

筋力トレーニングの目から見ると、ロープを使ったトレーニングはあまりおすすめではありません。

握力が先に尽きるので、前腕以外にはそれほど負荷がかけられないからです。

それこそ、ストラップなどを使ってバーベルなどを使用した方が、筋肥大やパワーアップは出来ると思います。

ロープトレーニングは、競技をやっている方などには、超おすすめです。

ロープ登りは、握力もそうですが、上腕二頭筋と背中も鍛えられますし、バランスも養えます。

把持力は、色々な競技に役に立つはずです。

それに、ホテルなどで火災にあって、シーツをつないでロープにして逃げるときや、吊り橋が切れてしまったときにぶら下がるとき、ロープウエイが止まってしまって、このままでは凍死してしまうときの脱出の時などに、とても役に立つと思います。




Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>