予備疲労法 大胸筋を大きくするには

大胸筋のトレーニングは、ベンチプレスの場合、三頭筋の方が先に疲労してしまって、大胸筋に余力があっても潰れてしまうことがあります。

三頭筋を強くして、大胸筋がしっかりと疲労するまでレップを続けられるようにすれば問題ないのですが、なかなかそうはいきません。

大胸筋を効率よく肥大させるために、あらかじめ大胸筋を疲労しておく方法があります。
予備疲労法というのですが、三頭筋を使用せずに大胸筋を刺激できる種目をベンチプレスの前に行って、すぐにベンチプレスをやるという方法です。

具体的には、フライ系の種目です。ダンベルフライ、ケーブルフライ、バタフライマシンなど、何でも良いので行って、すかさずベンチプレスに移行します。

そうすれば、大胸筋が疲労した状態からスタートするので、三頭筋が限界を迎える前に大胸筋を追い込めます。

ホームトレーニングの時には、ダンベルの重さを変更するのに時間がかかるので、フライ→ベンチプレスと言う流れはやりにくいです。

なので、ダンパーなどを利用すると良いと思います。
ダンパーは、それだけでやっても、それほど大胸筋を肥大させるほどの刺激はえられませんが、組み合わせることによって追い込むのがたやすくなります。

大胸筋を肥大させるのに一番良い種目は何か選ぶとしたら、私は少し角度を付けたインクラインベンチで行う、ダンベルでのベンチプレスだと思います。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>