レストポーズ法 追い込むトレーニング

筋力トレーニングには、とてもたくさんのテクニックがあります。

私が比較的よく使うテクニックで、レストポーズ法というものがあります。

通常通りのセットを行ない、非常に短い時間休んで、あと数レップ行なうというものです。

休憩時間は、5秒から10秒です。

こんな短い時間でも、休めば2~3レップ出来るようになります。

これはどうしてそう出来るかというと、疲労から回復するという要素もありますが、筋繊維の働く部位が変わると言うこともあります。

筋トレで、100%力を振り絞っていても、実は全ての筋繊維は働いていません。

休んでいる筋繊維があると言うことです。

トレーニングを、複数セットやる理由もここにあります。

1セット目で休んでいた筋繊維が2セット目で働き、2セット目で休んでいた~以下繰り返し

こうやって、筋繊維をまんべんなく鍛える必要があるわけです。

レストポーズ法は、通常のトレーニングのセット間のインターバルほど長い時間休まないため、回復と働く筋繊維の切り替わりが比較的少ないです。

それで、もう自力でまったく動かなくなるレベルまで追い込んでも、10秒休めば2レップは出来ます。

本当に不思議ですが、出来てしまいます。

これは、死人に鞭打つ感じのトレーニングなので、非常に追い込めるのと併せて、成長ホルモンの分泌がとても高くなる効果が実証されているそうです。

簡単にできるので、一度試してみる価値はあると思います。

今日は、デッドリフトとマッスルアップのスーパーセットでトレーニングしてみました。

発汗量がハンパではなかったです。




Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>