リストカール スタンディングでのバーベルカール

リストカールというと、ベンチなどに前腕を寝かして付けてやるスタイルが一般的です。

バリエーションとして、立ってやる方法もあります。

このやり方は、トレーニング強度が若干下がりますが、トップで負荷が弱まらないことと、手首に比較的優しく鍛えられるというメリットがあります。

通常のリストカールは、トップで手首が45度(ベンチを0度として)以上になり垂直に近くなるため、手首に重量が全てかからなくなり負荷が一時的に弱まります。

立ってやる方法ならば、トップでも0度以下なので負荷が逃げません。

両方試すとわかりますが、通常のカールの方が始動が大変です。

その分手首に厳しいので、不安があったり痛めているのなら、立ってやる方法も試すと良いと思います。

バーベルベンチプレスなどをやっていると、手首は酷使されがちです。

なるべく怪我無く鍛えたいものです。

私自身は、ケーブルでのリストカールをおすすめします。

理由としては、全てのレンジで負荷が逃げないからです。

リストを鍛える器具のストアには、リストを鍛える専用の器具がたくさんあります。

リストの強さは、全てのスポーツに役立つので鍛えるべきです。



Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>