デジタルビデオカメラ PS3の活用法 メディアサーバーとしてのPS3

デジタルビデオカメラを買うと、撮影データの取り扱いが意外と難問です。

ブルーレイレコーダーなどを持っていればいいのですが、持っていないと困ります。

パソコンも、結構能力が高いものでないとデータを扱えません。

そこでお勧めなのが、PS3をメディアサーバーとして利用することです。

こう書くと難しそうですが、パソコン用のカードリーダーを買えば準備完了です。

PS3はUSB端子がついているのでパソコン用の周辺機器が結構使えます。

リーダーでメモリーカードから読み込んで保存するだけでOKです。

SONYのカメラなら、直接USB接続すればOKです。

そして、PS3はFULLHDの動画データもそのまま再生できます!

静止画はもちろんまったく問題ないので、カメラで取ったデータをPS3に移しておけば、いつでもきれいに再生できます。

編集は出来ませんが、それはパソコンでやるしかないと思います。(失礼しました。現在はアップデートにより編集まで出来るようになっています)

CULVノートでとりあえず大丈夫だと思います(ブログに記事があるので見て下さい)5~8万くらいで買えます。

ただ、撮影するときになるべく短く1~2分程度で撮影することがコツです。

長くダラダラ撮った動画は、あとで見る時飽きます。

短く、コマギレで撮った方が見る時楽しいです。

それに、何より編集する必要がなくなります。

デジタルビデオカメラを買ったけど、データどうしようとか悩んでいる方には、PS3がお勧めです。

最近では、トルネ同梱版も出ていてお得です。(トルネは、PS3をTVレコーダーに出来る優れものです)





  1. PS3のシステムアップデートはされていますか?
    6月末に配信されたバージョン3.40から、動画の編集機能が追加されたはずです。
    私は試したことはありませんが…。

  2. ありがとうございます。ブログ読んで頂いて上に、間違いまで指摘していただき、とてもありがたいです。早速訂正しました。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>