チンニングスタンド改良版 チンニングのグリップ考察

YouTube:チンニングスタンドアップデート

ジムではあまりチンニングをしない上に、してもパワーラックでやるのでジムのチンニングスタンドは使ったことがありませんでした。

ジムのチンニングスタンドは、持ち手のバーが斜めになっているタイプで、何となくやってみたらとてもやりやすかったです。

そこで自宅のチンニングスタンドも、思い切って改良しました。

強度に不安があるので、工夫しないと行けないと思いますが、とりあえずこんな感じです。

良い感じで刺激が来ます。

チンニングのやり方に関しては、グリップや幅等色々あると思います。順手、逆手、ワイド、ナロー(狭め)私も色々試した上で、肩幅ぐらいでなるべく重く加重してというスタイルになりました。

ワイドに関しては、ほぼやりません。

逆手に関しては、チンニングではほぼやりませんが、バーベルローイングではよくやります。

チンニングは、後はパラレルグリップ(手のひら同士が平行に向き合うグリップ)でやる程度です。

ただ、本日チンニングスタンドを改良したところ、ワイド目でやった方が刺激が来ました。

斜めのグリップの場合は、少しワイドが良いのかもしれません。

なかなか奥が深いです。

このチンニングスタンドは斜めのグリップで良さそうです。




Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>