シッティングバーベルカール 腕を太くする


最近腕のトレーニングについて聞かれるので、お勧めのトレーニングを紹介します。

前にも紹介しましたが、座ってのバーベルカールです。
座ってやることによって、微妙なチート(反動)が使えなくなり、じっくりと効かせることが出来ます。

この種目をやってみると、立ってやるよりも可動域が狭くなるので、立ってやるよりも重い重量が扱えそうなものですが、実際には扱えないです。
立ってやるときは、反動を使わないように注意していても意外と使っているようで、座ってやってみて驚きます。

仕上げの種目などにちょうど良いと思います。



  1. 二頭や三頭筋のような小さい筋肉は、トータル何セット程行えばいいものなのでしょうか?

  2. 3セットで十分という話もありますが、私はトータルで10セットはやっています。
    バーベルカール3セット
    ダンベルカール3セット
    ケーブルカール3セット
    仕上げでコンセントレーションカール1セット
    こんな感じです。不要な気もしますが、やらないと不安な気持ちになります・・・

  3. その気持ち本当によくわかります。本や雑誌などには、10レップ3セットと当たり前のように書いてありますが、重量さえ落とせば、いくらでも続けられるので、本当にやめどきがわからなくなるんですよね。ちなみに、トレーニング頻度を上げるとするなら、セット数は少し落としてもいいのでしょうか?

  4. あと、もう一つすごく素朴な質問があるのですが、今挙げられたトレーニングを全てバーベルカール10セットにしては駄目なのでしょうか?効果は変わってしまうのでしょうか?

  5. 頻度を上げるなら、セット数はある程度落さないと、回復が間に合わなくなると思います。
    また、すべてバーベルカールでも良いと思いますが、微妙に使う筋肉が違うので、多面的に鍛えられると思います。
    さっきのはあくまで一例ですので、実際はハンマーカールを混ぜたり、Wバーでのカールを混ぜたりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>