クレアチン 副作用

検索からのアクセス記録を見ると、いつも1位が中井りんさんで、人気が上がってきていることを実感します。

それと並んで、クレアチンの副作用のことを検索している方が多いようです。

クレアチンは、副作用として

・肉離れしやすくなる

・腎臓が悪くなる

・下痢になる

・自分自身での生成力低下

等が言われています。

ただ、このサプリメントほど色々と研究の対象になっているものも珍しく、基本的に副作用は心配ないという説が有力です。

ただ、肉離れなどは、クレアチンが水分を筋肉中に引き込む作用があると言うことから、体内の水分バランスが崩れるため起きやすくなる可能性が示唆されています。

水分を多めに摂取することによって、回避できるそうです。

腎臓が悪くなると言うのは、クレアチンを摂取するとクレアチニンが生成されるので、それで誤解が起きているそうです。

クレアチニンは、腎不全の場合でも多く出てしまうので、血液検査だけでは区別がつかず、腎臓が悪いと思われてしまうからだそうです。

私も、健康診断で腎不全と診断されて焦った過去があります。

自己生成力低下は、一応否定されているようですが、私も少し心配しています。

下痢は、体質によっては間違いなくなります。

私もひどい下痢になるので、CEE(クレアチンエチルエステル)を摂取しています。

これは、体内にほぼ100%吸収されるそうで、下痢にもならないのでお勧めです。

私は、プリマフォースという米国のメーカーのものを輸入して使っています。

ただし、CEEは吸収がよいからなのか、筋肉中に水分を引き込む作用が弱いとされています。

ようは、筋肉がでかく見える効果は低いとのことです。

クレアチンのメリット

・パワーアップが実感できるレベルで向上する人が多い

・筋肉中に水分を引き込むため、パンプアップしたように筋肉が太く見える

・心筋梗塞のリスク低下

だそうです。

ただ、サプリメントなどは、疑う気持ちや心配があると効果が出ないと思います。

偽薬効果の逆です。

心配しながら摂取するのは意味がないと思います。




Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>